経験のない科に配属されて大変?(看護師編)

経験のない科に配属されて大変?(看護師編)

ブランクのある看護師にとって、復職するときには、とても大きな不安があるものです。

私も出産を機に、看護の現場から離れ、3年ほど育児に専念していました。

3年もブランクがあるので、いろいろな知識を忘れていないだろうか、みんなについていけるだろうか、と、不安なことはたくさんありました。

今、務めている病院では、新人看護師に付くプリセプターが、私のようなブランク看護師にも付いてもらえました。

これまでに配属されたことの無い科への配属になったのですが、プリセプター制度のおかげでとても助けられました。

担当の看護師さんが、何回か一緒に勤務をしてくれるのですが、勤務中に分からないことがあれば、すぐに聞くことが出来ますし、他の看護師さんとのあいだにも入ってくれるなどしてもらえたので、新しい職場にも早く慣れることができました。

復職支援セミナーには行ったのですが、経験のない科への配属でしたので、プリセプターの看護師さんに教えてもらうことはたくさんありました。

ブランク看護師さんにとっては、こういったプリセプターの制度はとてもありがたいですね。

経験のある科であれば、ある程度は知識がありますし、参考書なども持っているので、割りと仕事もすぐに馴染めるのですが、未経験の科では、こうは行きません。

ブランク看護師にとって、このプリセプターのような支援体制の整っている病院は、とてもありがたいですね。

事前に職場のこういった細かい情報を調べることも、復職を成功させるために、とても重要ですね。

2015年8月15日|